26杯目

今月は「松原祭40連発」が開催されていますね。
当然40日間休み無く呑み続ける松原な訳で… 

しかしそんな打ち上げに松原の相棒が存在します。
知る人ぞ知る「風次」という人間が…
今回はそんな彼の生態について紐解いていこうと思う。

高校を中退してそのまま「ゴミ収集車」で働き、
「ソーセージ工場」を経て打ち上げで松原と出会い、
そのまま太陽と虎に引き吊り込まれた彼…

名前を聞いただけで身震いする人も多い彼だが、
基本的に所謂「汚れ芸」を武器とし、嫌われたバンドは数知れず。

その分、気に入られたら凄いパイプで繋がる。
名前を知らない人は大体彼の事を「泡の人」とか「気持ち悪い人」と覚える。
この「泡の人」とは彼の得意とする洗剤を口に含み泡だてて“しゃぼん玉”を作ったり、
唾の粘液を使ってカニの様な泡を綺麗に作り出し周囲を怖がらせる一種の護衛行為である。

しかし基本的に身の危険が降りかからなくても簡単に行うので私は一種のコミュニケーションと捉えている。
この不思議な生き物「風次」は一応太陽と虎に勤務しており生態は不明。
名刺には「打ち上げスタッフ」と記載している。
よく名刺交換時に笑いが起こるが我々にとって自然な事なので理解し難い。
そんな彼は数え切れない珍事件を起こす。

最近では「電車宿泊事件」が記憶に新しい。
始発まで打ち上げで呑み、電車で帰った生息地・尼崎に在住の彼。
ついつい寝てしまい起きたら尼崎を通りすぎて“京都”!
行き過ぎたのでまた下りの電車に乗り込みまた起きたらまた尼崎を通り過ぎて“明石”。
あわてて上りに乗り込み起きたら“大阪”
…そのまま数度の乗り過ごしを繰り返し出勤時刻の13時になり“三宮”で下車し出勤。
という新手の電車の使い方を提示。
また駅のホームで電車待ちのまま寝てしまい宿泊して出勤も多々ある。

主食・好物は主にお菓子の「ハッピーターン」を食し、鬼の対人恐怖症。

アルコールが入らないと人の目を見れないぐらい臆病なのだが、一旦酒が入ると凄い事件を起こす。
打ち上げ会場で寝てしまい居酒屋に閉じ込められた事も数度あり、人は環境に左右されず睡眠出来る事を実証。

その他にも
「ゲイを喜ばして5000円貰った事件」や
「ヤクザに間違えて絡んで土下座事件」や
「蝉を素足で踏んだ事件」や、
「西宮神社で福男を走りに行って勝手に福男を仕切り出して怒られた事件」(過去コラム参照)
など無限とある。

もう生きている事が面白いクラスである。
記憶に新しい所では、去年からトライしていた原付免許取得。

我々が何度も「住民票」がちゃんとあるか確認したが 「有効期限10月までやから大丈夫!」との事で今年の6月某日免許所に向かい、無事試験合格。
そして「住民票」を提出したが不受理…!?
なんと期限が去年の「平成17年10月まで」。 これにはもう絵に描いた様な策略的ネタとしか考えようがない。

また次の休日まで電車通勤が続く。
三宮から電車で30分ほどの「尼崎」に生息している彼だが家が凄い。
とあるビルのテナントに住んでおり、入り口が裏にある非常口の螺旋階段から入る。
そのまま3階まで上り窓ガラスを明けてビル内に入る。
これは帰宅ではなく侵入である。

本当に自分の家なのか再度確認してしまう程、怪しい…
そして真っ暗な廊下を歩きベニヤ板で入り口を塞いでいるテナントの前に立ち止まり、
そのベニヤ板を手前に折り曲げてその隙間からテナントに体を捩じらせて入る風次…

「えっ!?ココ?」

思わず出した声が誰もいない廊下に響く…。
中はまるでドンキホーテ未満フリーマーケット売り場以上のごちゃごちゃ物が散乱する15坪ほどの敷地。
日常とあまりにもかけ離れた空間に呆然とした僕に「座れや。」と不自然にひかれた畳数畳の空間。
どこで拾ってきたか解らないマネキンやスーパーのセールの紙、ポール、備品の数々が私の座る空間を圧迫させてくる。

日本の居住環境にはまだこんなに階級の差が出ることに驚愕し、
アジアの貧しい諸国への関心が高まった私は、涙を堪える事が出来ず一人颯爽と一般階級の自宅へ車を走らせた…

「風次」…。

まだまだ人類が解明出来ていない謎の多い生き物である。

-2006/08/05 update-