27杯目

「松原祭40連発」が開催中の現在だが、毎日毎日打ち上げの日々の中で曜日感覚を失い、
今日がいつかもわからず起きて出勤→打ち上げ→寝る→起きる。
繰り返し。

「生きる」って大変です。

そんな日々の中で唯一の苦痛であり、楽しみであるこの「打ち上げ」。
全国的に悲惨な評判から爆笑の好評までクッキリ差が出る激しい打ち上げは年間300日ほどはある。
本当に色々な思い出があるのだが打ち上げ後の酔っ払った奴は色々な事件を起す。

今日はそのインパクトがあった打ち上げ後のアザーストーリーを紹介しよう。

先日打ち上げが終わり本当の某カップルがラブホテルへ宿泊しに行った。

その後を着けて行き、打ち上げスタッフ風次(仮名)がホフク前進で室内への侵入(カップルは当然気付いている)に成功し
クローゼットから一部始終を我々に報告していた。

その報告を受けながら全員でコンビニ前でヤンキー飲みをしていた。

缶ビールとスルメを駐車場の車輪止めの上に座り、
飲んでいたら一人の泥酔した某バンドVoがフラフラ小便する場所を探す旅に勝手に出かけた。
Guの奴は不安になり、後を付いて行く。

彼らの姿が見えなくなり、気にせず飲み続ける事数十分。
松原の携帯にGuの奴から着信が入る。

「松原さん!大変や!Voがヤクザの組の前で立ち小便をしようとして玄関の壷を割ってしまって事務所に連れて行かれた!!!!」

あまりにも面白く出来すぎた話しに動揺と疑いを隠せない僕は感嘆の声と共にもう一度問いただした。
しかし内容は同じく

「どうしたらいいでしょうか?たいへ… プープープー」

言葉の途中で電波が途絶えた。

「もしもし!おい!もしもし!!」

僕の声は相手の居ない電子音の電話越しにこだます…
大変な事態だ。
コールバックするがむなしく圏外の通知を感情の無い自動音声の声が答える。
急いで近隣をみんなで走り回り探すが見つからない。
残された手がかりは玄関で割れた壷のみ。
手がかり薄っ!! 住宅地の中でコレを探すのは広いプールに落ちた指輪を探すのと等しい。

途方にくれ警察に電話をかける手段を取り、数分後サイレンと共に赤いランプが僕の顔を照らす。
パトカーに乗り込み、警察官の知るヤクザの組を回る。
組長の射殺が報道を騒がした記憶が新しいヤクザの町・神戸だが流石警察官は効率よく組を回る。
しかし中々見つからず諦めかけた瞬間、陶器の破片が散らばる1件の建物がフロントガラス越しに目に入る。

「ここだ!」

慌てて停まり警察官は動じず防犯カメラが忙しく監視する玄関のチャイムを鳴らす。
丸狩りに等しいヘアースタイルの数人がコメカミにシワを寄せ扉を開ける。
すかさず警察官が

「ここに20代前後の男の子が来たと思うのだが知らへんか?」

と問うと

「おー!壷割った子やろ?免許書預かって明日弁償しに来い言うて帰らしたわ。」

先頭に居た、まるで派手な衣服を着ているような上半身裸の男が答える。

「ホンマに帰らしたんか?」

「帰らしたで。」

同じ様な質問が警察とヤクザの間で繰り返すが、 話合いに負けたのは警察の方だった…・

「なんで踏み込まないんですか?絶対居ますよ!」

少しきついイントネーションで僕は警察に問うが

「実際証拠が無いと家宅侵入は出来んのや。」

冷たい答えが帰ってくる。

「僕には解るんです!絶対居ますよ!僕、勘はいいんです!」

しかし訴えも空しく、我々は遠くなるパトカーを後目に日が昇るまで周辺を探す。
が、見つからず絶望の気持ちで某ライブハウス事務所に戻る。
するとすると驚愕の結幕を知らせる電話が鳴る。
まさかのGuの奴からだ!
なんと彼は充電が切れて車に戻り充電しながら寝てしまったのだ…!

エエエエエエエーーーーーーーーー!!!!!!

そしてVoの奴も寝ている事を聞かされた。
コラーーー!我ら探し回っとたんじゃ!あほー!

怒りに満ちた我々はふと今日のイベント名が目に入る

「若気の至り」

まー、イベント名が若気の至りだけに、しゃーないなー …ってなるかー!
俺の自信満々の「勘がいいんです!」の気持ち返せ!
うわっ!思い出したら恥ずっ! アホらし。帰ろ。

-2006/09/05 update-