30杯目

はい!どーも~!

免許の講習の時に心臓マッサージの人形が僕と同じユニクロの服できまずかった松原だよ。
そうあのauのパンフレットの陣内の下に載っている奴です。
まだ見てない人は大至急auショップへ急げ!(2006年12月時点)

嗚呼…また自慢話から始まってしまった仙台でも大人気のこのコラムですが、本当に出版の話が来て困ってます。
そんな僕ですが人生をネタにした自慢の友達がいます。
はい。一応うちのスタッフで小学生からの同級生・道田(仮名)という人間の昼ドラ級のお話です。
まず小学生時代・彼の父は年中無職でプーなんですが、ある日

「松原!ファミコン買ったるからおいでや!」

って言われて近所のダイエーに行く事になる。
早速ファミコン売り場の前で何が欲しい?
と言われその時代に流行っていた【ツインファミコン】と僕が答えると、
店員の居ない瞬間にレジに入って行き【ツインファミコン】を棚から取って

「松原!ダッシュ!」の一言。

泣きながらダイエーの階段を下りた記憶があります。
高校時代になると道田(仮名)は私学の高校に入学。
当然親父が無職なので金がなく【奨学金】で援助をして頂いてた。

ある日その奨学金を振り込まれないので年金のみの収入で家族6人を支えている祖母が学校に電話してみると 校長が

「あれ?先月お父様が取りにこられましたよ。数か月分…」

奨学金はとっくに夜の街へ親父の手によって消えていった…。
彼は高校を辞める事になる。
仕方なく現場の仕事を始めた彼はある日、親方の車を借りて帰って来たが車を停める所がなく近くに路駐をしていた。
そして朝になり出勤しようと車を見るとその道に停めてあった車全てがパンクしている。
親方に借りた車なので急いで修理したがその日は遅刻。
激怒され仕事をクビになった。

そして後になってわかった事だが道田の親父が道田の車と知らずに停まっている車全てをイタズラでパンクさせていた事が発覚。
だが時は既に遅し… そんな悲惨な出来事続きの彼に転機が!

なんと20歳の時に彼は結婚をする事になる。
しかし親父のせいで道田という名前では色々ブラックリストに載っているので養子を選択。
道田(仮名)から森藤(仮名)へと第2の人生を歩む事になる。

そのまま数ヶ月アパートで暮らし、遂にローンでマンションを購入。
幸せな生活が続くと信じた矢先に、新居に警察が踏み込んでくる…!?

「奥さんを詐欺の容疑で逮捕します!」

えええ? どうやら会社ぐるみで詐欺行為を行っていたようでそのままお縄に… 
彼も疑われ天王寺警察で拘束される。
結局彼は離婚とゆう選択をし、道田(仮名)は新居のローンと奥さんが勝手に使っていたカードのローンだけが残った。

どうしようも無く実家に帰るとまた警察が実家に踏み込んでくる!
食卓の横を手錠で縛られた親父が通っていく。

「菅原文太みたいでカッコイイやろ?」

とゆう親父の捨て台詞に絶句の食卓は自体を飲み込めず祖母だけがそのまま食事を進めている。

そんな前科4犯執行猶予中の父や嫁共に臭い飯を食っている彼はマンションのローン数千万を抱えながらスタクラで勤務しているのだが、
電車代が往復1000円の為弟からバイクを借りて通勤する事にした。

しかし先日打ち上げに参加して気持ちよく帰ろうとした明け方5時。

『ぬぉ~~~!』

彼の叫び声が早朝の三宮に木霊す…。
なんと停めていたバイクが盗まれてしまったのだ。
しょうがないので今度は兄からバイクを借りて通勤したのだがその2日後に嘘のようだがまた窃盗に合う…
この数日で2台のバイクを盗まれ兄弟に弁償合計額20万円をまた背負う事になった彼は最近徒歩2時間かけて通勤をしている。
これは本当に実話である。
最近は彼のBlogを見てお弁当やお土産の差し入れをくれる心優しい方が増えている模様。

ここで道田(仮名)救済支援団体を発足させ彼を昼ドラの様な出来すぎた不幸ドラマから現実の世界に戻してあげようと思う。
幸せとは何か?
普通とは何か?
この話を読んで「うそ~」って思えた貴方は多分幸せ者である。

現実には本当に起こっている事実。
ここでは書けない事も有り、まろやかな内容になったが彼への募金を某ライブハウスは呼びかけ続ける。
が、本当に集まっても困ります…

(*この物語は一切真実であり道田正樹(仮名)本人監修である。)

-2006/12/05 update-