31杯目

トイレに行く事を【レコーディングに行く】と解く。
その心は? 

レコーディング=音入れ(おトイレ)

ぷぷぷ。はい。松原だよ。
遂に新年を迎えめでたい今日この頃ですが年末年始忙しいのが忘年会新年会。

毎晩呑み明かす日々ですが、先日焼酎イッキしまくりで自分でも珍しく酔っ払っているのを認識した夜
運転手を店に残し一人で車で睡眠を取る事にし運転席に乗り込んだ。

縦列駐車をしていたのだがバス停の前だったので少し前に車を動かそうと思い発車させた瞬間、後ろで急ブレーキが鳴り響いた。
慌てて後ろを振り向くと天下のパトカー様と接触寸前である。

焦った松原は10cmほど動かした車をバックで戻し、
車から降りたその瞬間パトカーから2人の警察が猛烈に降りてくるではないかっ!?
テンパってしまった松原は思わずコマンドの「逃げる」をクリック。
地元・新開地の土地で成人初のリアル・ドロケイが始まる。
スリル満点の数分間、警察と松原のドラマティックな香港映画顔負けの逃走劇を繰り広げ逃げ切ったと安心して
失速した松原の両腕を後ろから警官が豪快にキャッチ…

警官の怒鳴り声が街の雑踏に埋もれずビルの隙間にこだます。

「嗚呼ぁすみません!」

必死で謝る松原に 警官は息を切らしながら

「コラァ!お前なんで逃げたんじゃ!」

飲酒運転を恐れた松原は言葉を詰まらせながら

「追いかけられたんで怖くて逃げました…」

と手垢の付いた答えを返す。
すると警察から意外な反応が

「お前ヤクやってるんやろ!」

エエエエっ!?オレ?見える?まじ?
パトカーに連れて行かれ薬物チェックと全身の持ち物チェック…。
次は車の中を見られる事に。

「お前何やってる奴やねん!」

冷たい言葉が松原の胸を指し、助手席のカバンの中に入っていた打ち上げ用のハリセンや金髪のカツラを手に取られる…
真顔の警官が持つハリセンは想像以上の面白さで通行人が笑いを漏らす。

他に車内にあった「M-1グランプリ」の応募用紙も見付かり完全に怪しい芸人と勘違いされた僕の車のトランクに
先日sophiaのコピーバンド“マフィア”のライブで使用したおもちゃのピストルと砂糖を入れたビニール袋(ギャグで作ったコカインのダミー)が街頭の灯りに照らされる!
うわ!最悪や!衝撃の出来過ぎたシナリオ…予想通り完璧に勘違いした警官が

「おいっ!!!お前!コレなんやねん!!!!」

「いや、おもちゃです!!ホンマです。これは砂糖です!ホンマですっ!」

「みんなそう言うねん。なんで砂糖が袋に入ってるねん。舐めたらわかるねんぞ!」

ってホンマに砂糖やし、めちゃ怒ってるやん、こいつ!
で、ホンマに砂糖って解ったら解ったで完全に警察をおちょくっている小道具連発に

「バカにしてるんか?」

と激怒の警察。
極上に怪しい自分に弁解の余地無し。

警察からまた質問が

「じゃーなんでお前逃げたん?あれ?もしかして酒飲んでる?」

松原は素直に飲酒を認めると警官が飲酒探知機というアナログなストローの付いた袋を手渡す。

「これが赤いラインまで来たら飲酒やからな!」

諦めた松原は30万円の息を袋に詰込む…

「終わった…」

だが感嘆の声を漏らした松原に奇跡が起きる!
なんと反応が出ないのだ!!
警官も酒飲んでるけど反応が出ないと捕まえられへんから苛つくけど帰れ!
みたいなハッピーエンドでこの珍騒動の終幕へと結ぶ。
奇跡!何故反応が出なかったのか?
走ったお陰で蒸発したのか?
謎は深まる松原の肝臓だが帰り際に

「M-1優勝しろよ。漫才頑張れよ!」

と添えた優しい警官に まさか自分は音楽業界の人間だとは口が裂けても打ち明けられない秘密として黙秘権を行使するのであった… (*日本国憲法第38条参照)

(*フィクションです)

-2007/01/05 update-