34杯目

風呂から上がって五分後くらいに頭を洗ってないことに気付く程の多忙の文字を欲しい物にしている松原の大人気コラムだよ。
熱湯シャワーをしばらく冷たいシャワーだと思って浴びてたよ。火傷しちゃうよ。忙しすぎておかしくなって来たよ。

食事中もわさび醤油がからいのか、刺身をフーフーして食ってたり、
コンビニのおにぎりの包装を開けてゴミを捨てたと思ったらおにぎりを捨ててた時は流石に崩れ落ちたよ。
もうダメだよ。

そんな今回は面白エピソードを綴る暇が無いのでおかしくなって来た僕のネタシリーズでお送りしようと思います。
ではどうぞ~ あほ~

-----------------------------------------------------------
【僕の失敗】メール編

母親に「あんた醤油ラーメンは好きだった?」

とメールが来たから

「好きだよ」

と送ろうとしたら

間違えて友人に送ってしまって

「あああああああああああああああ!!!」

それの返信も無かったし、次の日に何も聞いてくることもなかったから よけい悩む…

----------------------------------------------------------------
【僕の失敗②】大学生編。

大学でエレベーターに乗ってて、
なんとなく(本当に何の根拠もなく)誰もいないと確信して、いきなり「オプティックブラァスト」って
単語を声を大に発した。
いい感じの発音で。
なんとなく言いたかったんだよ。

言った直後に人の気配を背後に感じてわれに返った。

まあ次の階についてドアが開くまでの時間の長かったこと長かったこと。

---------------------------------------------------------------
【かっこよく表現してみよう】

■決して前に出てはならぬ 我ら忍んで 闇に生きる
立ち入るものを暗殺し 続くこの道守りぬかん
決して前に出てはならぬ
この掟 破りし者
刃に裂かれ 死が待つのみ--------------------鼻毛

■音も無く忍び寄る悪夢の戦慄
誰もが恐怖に慄き振り返る
「誰?」
次々と襲う悪魔の影 容疑者は多数
疑心暗鬼の夜--------------------------すかしっ屁■「終わりにしよう。」アイツに言った。
いつも一緒にいる事があたり前になっていた…
「でも、やっぱり離れたくない…」
アイツは言う。二人の溝は深くなりすぎてしまった。
最初から決めていたはずなのに、アイツの前になるとやはり気持ちが揺らぐ。
数分の沈黙。重くのしかかる空気。やはり無理なのか?次の瞬間‥

何者かによって二人は引き裂かれてしまう。いとも簡単に二人の間の溝にそって----グリコパピコ

---------------------------------------------------------------
【絵文字】

芸  ←バカボンのパパに見える。
---------------------------------------------------------------
【笑った落書き】

体育館の「関係者以外立ち入り禁止」の張り紙の端に

はい  はい
はい   はい  はい

バナナ欲しい人  はい ←「はい」は全部違う筆跡
はい   はい      はい
はい    はい   はい
はい   はい
---------------------------------------------------------------

はい。どうでしたか?それではまた来月にお会いしましょう★
オプティックブラァストォォォォォ!!!!!

-2007/04/05 update-