35杯目

数日前母からの初めてのメール

「ゆたかへ 仕事の帰りにウスターソースカッテキテネ。カタカナシカデナクナッタヨ。カエッテキタラナオシテネ。」

自分の親に初めて可愛いという形容詞を適用してしまった貴重なメールである。
そんな可愛い母の息子・松原は大変な事態になっております。 
打ち上げ後に当店スタッフ風次(仮名)が僕の車のナンバープレートを冗談で曲げてしまっていた事に気付かず車で家路に着く寸前に警察に呼び止められました。
最初はナンバープレートの話しだったのですが交通違反をしていて減点&罰金を喰らってしまう。
自業自得ですが何か負に落ちないです。
ただ何が困ったってこれで松原の減点点数が累計14点です。

詳しい人なら判ると思いますが15点の減点で免許が取り消しになります。
取り消しです。
そう!取り消しって事は免許が取り上げられる上に1年間免許が取れない殺人級の極刑である。
後1点を残す事になった松原に要求されるのはエレガントかつセーフティーで人に優しいドライビングテクである。
逆境に強い松原は自身に重く硬い鉄板運転を義務付け日々を送る毎日。

そんな翌日に自宅へ帰宅。いつものように契約している駐車場へ車をピットインさせようとすると…
全く知らない白い車が停まっている!?
慌てて確認するがやはり停まっている。目を擦り再確認すると、さっきまであった車が無くなって…いない。
やっぱある。

憤慨した松原は車の中を覗き込んだりしてみるが変化無く、いくら待っても誰も車を動かしに来ない深夜4時半。

しょうがないので散々数日前に喧嘩をした警察に入電し事態の説明&応援要請を掛け合う。
流石は警察デス。
数分で現場に駆けつけてくれナンバーをメモり、無線で持ち主を調べて電話をしてくれるとの事。
なんて頼りになるんだ!
安心して煙草を吹かしていると警察から信じがたい回答が飛び込んで来る。

「これね。会社で登録している社用車やから会社にかけても誰もおらんやろ?もう諦めるしかないで。」

部屋でちょっと本気モードで歌ってたてて、母親が部屋に入ってきた時クラスの衝撃である。
ええ!?なんとかせーよコラァ!
と怒る松原の車をもう一人の警官が除き込んでいる。
と同時に警官から追い討ちパンチが飛んで来る。

「君、車の中に駐禁の黄色い紙が貼ってるやん。これ出頭したんか?」

駐禁した時に貼られている紙が車内にあったのだが、これはうちの某バンドマンが僕を驚かそうとして貼って行った僕では無い駐禁の紙。
事情を説明するが当然一切信用せず紙を確認する。
が、当然車両が違うのでその場を切り抜ける。
だが負に落ちない警官が僕の車のナンバーで駐禁未出頭を調べ出した。
そうなのである。
実は1件まだ出頭していない駐禁があり、なんとその場で駐禁を切られたのである!

えええええっっっ!!?
あ、あんたマジ言ってんの?違うやろ!
ちょww…この白い車が先やろ!
どないなっとんねん!
お前、俺これで面取りやんけっ!!

え…自分の駐禁を取られる為に呼び出したって事?

風呂上がりにパンツ一枚でシュッとかフッとか言いながらシャドーボクシングしてたら隣の家のおばちゃんと目が合ったぐらい、テンパった!!
いや、でもコレってホンマ?まじで…まじで面取り?

三ヵ月後無免許の松原こんにちわ。

-2007/05/05 update-