37杯目

店員「ご注文はお決まりでしょうか?」

僕「ええ、と・・…こ、これ。 ほ、北海道生まれの手づくりあつあつフライドポテトを、ひとつ」

店員「ポテトがおひとつですね…」

僕「!!?」

はっぴー。社会では理解し難い事だらけで毎日フラストレーション祭りデス。
そんな僕は先日まさかのヤンキーに絡まれました。
28才になったばかりの僕はヤンキーに絡まれました。
もう一回言います。ヤンキーに絡まれました。正直ビックリです。
6人の集団に絡まれたのですが、 店の売り上げもたまたま持っていてぶっちゃけ焦っていました。
しかしそのヤンキー集団の中に一人だけいい奴がいて助けてくれます。

良いヤンキー「おお!止めたれや!こいつ俺の知り合いやねん。」

怖いヤンキー「嘘つけ!ほんなら何て名前やねん!」

良いヤンキー「鈴木や!な?」

松原「う。うん。鈴木ですけど」

怖いヤンキー「何の連れやねん?」

良いヤンキー「バスケ時代の知り合いやねん。」

松原「う、うん。よく一緒に試合して、リバウンドが得意です。」

怖いヤンキー「うそつけコラァ!!!」

怖いヤンキーがブチ切れた瞬間に通報によりパトカーが到着。
警察から色々事情を聞かれるのですが、僕はついさっき「鈴木」になっている訳で…
ここでも「鈴木」で通さないと良いヤンキーの顔が潰れてしまう訳で…
架空の「鈴木」は架空の住所と生年月日を決め、完全に「鈴木」という別人格を松原の中に降臨 「鈴木」として新たな人生を送る覚悟だったが、警察も君は帰っていいよとの事で良いヤンキーも
「もうええからいけや。」

鈴木「お、おう。またな」

僕は「鈴木」に成りすまし一命を救われました。
28歳になって僕は「鈴木」と言う姓を授かりました。もちろんその夜は枕を濡らしました。

それ以来、「鈴木」という名前に敏感に反応してしまいます。

そんなヤンキーとの出会いから時が経ち、
先日の打ち上げで僕は会計などの都合で
少し遅れて会場を出て皆を追いかけようとしていると
道の端っこでヤクザ風男2人とその女と思われる奴がネクタイでバチバチに土下座している奴をしばいてました。
凄い光景です。

浴衣姿の訳わからん奴が女にネクタイでシバかれているのです。
ついつい見とれていると土下座して謝っている奴の声に聞き覚えが…

「ちゃうんす!友達と間違えてしまって…」

浴衣姿の彼にも見覚えが…そうです!
当店打ち上げスタッフ風次氏では無いかっ!?

慌てて仲裁に入り訳を聞くとさっきまで飲んでた仲間と間違えて
抱きついたらヤクザの女で風次氏の頭に巻いてたネクタイを取られバチバチに シバかれている最中でした。

他人どころか身内という事で倍増に面白い光景でしたが何とか一緒に謝りその場を切り抜ける…

そしてまた数日の時が経ち、今度は仕事で遅れて打ち上げ会場に到着した瞬間、
会場の外でまたヤクザ風の男に絡まれている風次氏がいました。

でも今度は絡まれているというか本気で喧嘩になっていたので
“ファイルの削除をしようとしたらショートカットを作ってしまった”ぐらい慌てて仲裁に入り、
バンドマンの皆が風次氏を無理やり連れて行き、松原が現場のヤクザ担当でなだめる事になる。

相当酔っ払っているヤクザは完全にブチ切れモードで僕たちに絡んできます。

「俺は凄い力を持っているんじゃ。」

完全に幻覚障害の危険性大ですが話を聞く事に。

ヤクザ「お前は仕事何してるねん!」

ええ?なんで仕事聞くんやろ?とりあえずバンドマンの子が答える

バンドマン①「僕は○○というパンチコ屋で働いてます」

ヤクザ「○○やったら社長の事、よーしっとんじゃ!潰すぞ!」

うそ~!そんな攻撃方法?ばりちっちゃいやん!
面白いので続々と皆で仕事を言っていく事になる。
バンドマン②「僕は○○系列の喫茶店です。」

ヤクザ「よー知っとんぞ!○○系列って言ったら○○さんのトコやないけ!
あそこのボディーガードやってる奴と刑務所一緒やったんや!そんなもんお前んトコも潰してますぞ!」

ちょっww それって全然関係ないやんけ!どうなってんねんっ!

バンドマン③「僕はコンビニで働いてます」

おっ!これは難しいやろ?と思いきや…

ヤクザ「俺はコンビニに商品を配送している会社とダチやねん!商品流さんと、お前のコンビニ潰してまうぞ!」

って潰れるかぁ~!あほかこいつ。
そして松原の番…

松原「僕は無職です。」

どう来んのやろ?大いに期待高まる。

ヤクザ「じゃーお前名前を教えろや!神戸のどこでも働けんようにしたるわい!名前を言え!」

思わぬ展開にバンドマンもすでに僕の名前を呼んでいたのもあって正直に答える。

松原「松原って言います。」

ヤクザ「松原やな!嘘ついたら殺すゾ!なぁ?コラァ!」

そんな一方的な悪さ自慢は小学生級で我々は困り果てていたら誰かの通報でパトカー数台が到着。
やっと助かったと誰もが思った… するとパトカーから出て来た警官がヤクザを見て

「お!お前また悪さしとんか?」

と、やはり自称ヤクザだけあって警官と顔なじみである。

ヤクザ「うるさい!今、この松原と話しとんじゃ!」

警官「どの子や?松原って??」

と言いながら僕と目があった瞬間、

「おお、君は確か鈴木君やないか?」

そうなのである!先日の警官である!!いや!違うねん!今は松原やねん!鈴木ちゃうねん!

ヤクザ「おいっ!コラァ!お前、鈴木言うんか?松原ちゃうんか?ゴラァ!嘘ついたんけ?」

凄い理想的な教科書に載るクラスの剣幕である。
違うんす!ちゃうんす!僕は松原なんです!
一緒にいる皆も市民の味方である警官の一言に困惑。
違うんだ!松原なんだ!

そして「鈴木誕生秘話」をパトカーの中で語る事態となる…

僕は松原なんだ。ホントなんだ…嘘じゃないんだ。僕は誰なんだ…

-2007/07/05 update-