40杯目

はっぴー。先日ちょっと仲良くなった女の子に酔っ払ってたので調子乗って

「こんにちワクワクメール」

ってタイトルでメールを送ったら 件名が

「Re:こんにちワクワクメール」

ってそのまま返信されて、その場で心臓をエグリ出したい衝動が襲ってきます…

他にも友人から来たメールのタイトルが

「Re:あけましておめでとう!」

…っていつのメール引用返信してんねんっ!

大体件名に[Re:]ってなんやねん!
でもメール続けてて
[Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:]
ってなった時に発生する“どっちが先に消すかの駆け引き”は白熱するね。

そんなメール社会に生き抜く松原ですが、たまにはブランド物の財布を買ってみようと思い立ち寄った百貨店SOGO。
我が街・三宮に聳える有名百貨店。

お目当ては大好きなブランドCOACHの長財布。
入った販売店に綺麗な女性が僕に気付き近づいて来ます。
完全に獲物として認識したその目さえも何か期待をしてしまう綺麗な瞳に下心満開で接客される事に。

「何かお探しの商品はございますでしょうか?」

「は、はい!長財布を探してて…」

「そうですね。こちらの商品などどうでしょうか?」

次々にいい値の付いた高級財布が視界に広がります。
まるでボディーガードの付いた金持ちの御令嬢の様に自信に満ちたフテこい表情に見える財布達。
悔しいがネームバリューに弱い松原は高級キャバクラ嬢をナンパしているに似た感触で、
すぐに手を出したくなるお高くとまった彼女達を吟味する。

「お色などのお好みはお分かりですか?」

先ほどの販売員が優しく微笑んでくる。

「へ?は、はい。そうですね。黒が好きなんですが…」

「黒でしたらこちらもお勧めですが?」

ドンドン出てくる高級財布もここまで目の前に出てくるとワンコソバを彷彿させる。
やっと気に入った財布を見つけ出した松原は販売員に様々な質問を投げかける。

「これいいんですが、カード入れが少ないですね~」

簡単にお前の言う事を聞いて買う程、俺は甘くないアピールを忘れない松原は
いちゃもんを付けながら購入決意は確かさを外には零さない。

「ま、カードは少ないけど僕は小銭の取りやすさも大事なんですよね~。」

とにかく何か言いたくて適当な事を言いながらその気に入った財布をポケットに入れ、
鏡の前でその様を確認し出した瞬間…

販売員が慌てて松原に問いかける。

「あれ!?これ、プレゼントか何かでは無いんですか?」

「いや、僕のんですが…」

「嗚呼!も、申し訳ありません!当店女性物しか置いてないんですよ。」

うぉぉぉぉ~!!!なんやってん!この15分間っ!勘弁してくれよ!
めちゃくちゃ恥ずかしいやんけ!返してくれ!俺の緻密な計算や時間をっ!
なんやねん。さっきの俺の「甘くないアピール」ってなんやねん。

もうそのまま80年代のアニメキャラクターが急いで移動する様に両足が宙に空回りする勢いで飛んで百貨店を脱出したのは夕暮れ時。
夕日の日差しが松原をあざ笑うかのように突き刺してくる。
嗚呼ぁ無常。もうあの百貨店には入れない…

悔しい気持ちを一杯に事務所に戻ると店の電話が待ち構えていた様に鳴り出す。

「松原裕様でしょうか?こちらCOACH販売店○○と申しますが、お客様先ほど財布をご覧になられておられました方でいらっしゃいますよね?」

えええっ!事務所にまで電話して辱めを??どんだけ“S”やねんっ!
言葉が零れず唖然としていると

「あの~、先ほど財布を忘れて帰られたみたいで…」

うぉ!確かに購入予定の財布との相性を確認する為に自分の財布を取り出しショーケースの上に置いてた…

「どう致しましょう?」

ってそんなん取りに行くに決まってるやんけっ!フザけんなゴラァ!!
でもまたあそこに行かなあかんのっ!?どんな顔して行けばええねん。
ぬぉぉ~~!!!まじ言うてんの?

「大至急財布の紐と気合を締めて伺います…」
------------------------------------------------------------------------
今日の件名:[おでかけですかRe:Re:Re:Re:Re:Re:]

-2007/10/05 update-