5杯目

最近の打ち上げの話…

いつもの様に暴れて酒を飲みまくっていたの。

10月は打ち上げの無い日が5日程しか無かったの…やだ。もう。
もうミラクルに睡眠不足が続き疲れ果ていた松原は打ち上げ会場の部屋では無い部屋に入り仮眠を取る事にした。

幸い誰も使っていない部屋があったので電気を消し横になった。
… ふと目が覚めた俺は、テンパっていてココがドコか分からなくて泣きそうになった。
数秒後、記憶が蘇りココは居酒屋で松原は仮眠を取っていた事を思い出した。
そして「早くココから抜けだしたい!」と本能的に察知した俺は暗闇の中から扉を手探りで探し部屋の外に出た。

するとソコは明るくにぎわっていたはずの居酒屋で無く、暗闇の空間だった…
冷静沈着な松原は慌ててふためいた後に状況を飲み込んだ…。

そうなのだ。みんな帰ってるのだ!
みんなどころか店員も帰ってるのだ!

「店が閉まってるのだ!しまった!!」

なんて上手くも無い事を言いながら泣きながら脱出経路を調べてた。
当然窓も扉も全滅… 唯一開いた窓はトイレの窓。
外には地上6階からの神戸の夜景が広がる。

「さすが神戸は100万ドルの夜景!」

なんて感傷に浸る余裕も見せる俺の器は相当なものだ!

しかし現状の松原は打ち上げ中に仮眠を取りみんなに置いていかれ居酒屋に閉じ込められたただのクズなのだ。
するとそんなクズの目に非常階段が飛び込んできた!
恐る恐るノブの下の鍵を開けてみると

「ガチャッ!」

「助かったぁ!」

扉は見事に開いたのだ!

そこから急いで階段を駆け下りた!
でも何かいつもと感じが違う… 足の痛みに気がつき、よく見ると松原は裸足じゃないかっ!

それもそうで居酒屋に閉じ込められるバカはいても、座敷の居酒屋の中で靴を履いて飲むバカはいない。
またあの暗闇の居酒屋に戻り靴を探したが暗すぎて何がなんだかわからない!

数分の捜索は失敗に終わり、 松原は禁じての「トイレスリッパ」で帰る事にした。

緑色のダサいスリッパは松原のズタズタなプライドにジャストフィット!
そして非常階段から泣きながら駆け下りると2階の扉が閉まっていた!
しまった! しかしその横に扉があったので恐る恐る開けてみると24時間の漫画喫茶…

ここは6階建てのテナントビルで唯一24時間営業の漫画喫茶がこの脱出劇の最終難関になった。
もう怖いもの無しの松原は漫喫の中を横切ってレジの店員の超怪しい目線を背中に浴びながら
スリッパの松原は漫喫の玄関から出て行った。

車の鍵もサイフも靴もプライドも居酒屋に置いて帰った緑スリッパの松原はビルの防犯カメラに一体何者に写ったのだろう…

警察からの電話に怯えて夜も眠れません…

-2004/11/03 update-