6杯目

太陽と虎の周辺は遅くまで開いている飲み屋が沢山あります。
所謂ザ・下町スタイルのお店です。

大将や女将などが一人で切り盛りしてスーパー身内のお客さんがカウンターに居座って身内トークで盛り上がり
、一般客が超居心地悪い状況 になんの問題も感じて無いようです。

素敵です。
そんなお店たちの中にいつもタイトラの打ち上げで使ってあげている「こてこて」って店があります。

タイトラ出演者なら大概しってるよね?
神戸牛やてっちり,キャビアなど有り得ない料理にみなさん舌鼓。

自称韓国の工作員の大将がトカレフを店内に隠している危険なお店です。
月20日は絶対打ち上げやる契約で1人2500円飲み食い放題でやってます。

3分の1の確立で大将が酔っ払っていて片付けなんてもちろんでたまに自分で野菜炒めやお好み焼きなど作らされます…。
耐え難いです。

後、もっと耐え難いお店でウルトラ不定休の平均5時まで開いている「おけいちゃん」って店が近くにあります。
ヨレヨレの女将さん(推定60歳)が大体ベロベロになってます。

数ヶ月前友人4人で行ったらまず「いらっしゃいませ」も無い。
メニューを言っても返答なしで聞いてるのかどうかもわからない。
んでやっと一品料理が出てきたのが30分後…
その後また20分後にまた一品…。

フランス料理ちゃうねんからハヨ出さんかい!

で、最後に出てきたお好み焼きはパサパサで確実に小麦粉の量を間違ってるやん。
客商売やる気ないとしか考えようがないスタイルですがおもしろいです。

なので先日ふらっと1人で仕事帰りに寄りました。 んで、俺が入ったら数分メニューを聞かずに放置プレイの後、

「何食べるん?」

ビックリした俺は思わず

「ビールお願いします。」

と返答。すると女将は

「冷蔵庫に入ってるから!」

と言いだし カウンターの常連と喋りだした…

あせった俺は大至急「野菜炒めも1つ」と追加オーダー。

「ゴメン!最近野菜が高いからやってないねん!」

うそー!じゃーメニューに書くなよっ!と言いたい気持ちを抑え

「すんません。じゃーホルモン炒めにします。」

「だから野菜ないねん!」

ってちょっと切れ気味な対応。
俺はお客さんなのに申し訳ない気持ちになりつつ、必死で野菜の使用しないメニューを選ぼうと考えた。

… でも … ココお好み焼き屋でしょ?
…そんなんないやん。 もう一人で考えられなくなり女将に何が出来るか聞いてみる事にした。

「すみませんっ!」

… 女将は常連客の何かを鉄板で作っている…。

「すみません!!」

… 料理に夢中… っていうか確実に無視。これは軽くイジメである。

「すみません!何があるんですか?」

… 数秒後、常連客が女将に聞いてくれてやっと返答があった…

「ごめん。今日もう何も無いねんやんか。」

先言わんか~い!!
俺の時間返せ! 何やこの店!
なんか何もしてないのに凹んで帰らなあかんやんけっ!
おいっ!女将っ!こんな店…おもろいからまた来るわっ!
(結局いまはつぶれてしまいました)

-2004/12/03 update-